メガネをかける3つのデメリットとは?

| コメント(0) | トラックバック(0)

組合せアイテムとしても住人特権を得てきた感じの居残るメガネですが、
そのデメリットは一体どんな感じのものがあるでしょうか。

そのデメリットとして一番に挙げられるのが「曇る」だ。
拉麺などの暖かい料理を前にした時のメガネの差し障りといったらありません。
また冬季など乾燥護衛にマスクをつけていると、
プレがなくなるのは、メガネお客様ならしっかり経験してます。

次に言えるのは、「アクションが制限される」だ。
メガネは風貌の一部、といった意見もありますが、物理的にはもちろん違う。
お隣になったりするスタイルの仕込みにてメガネが異なりてしまいます。

さらに、鉄道に乗り遅れそうな場合走ったりすれば、
メガネがあらぬところに行ってしまうといったこともあります。
昨今はとても金が安くなってきましたが、でもメガネは高いな商品だ。
ですから、やむを得ずメガネに意思をつかい、
アクションが制限される状勢があります。

3つ目のデメリットは「汚れる」だ。
レンズは指紋や汗、豪雨などの水滴を通して容易に汚れ、限界が悪くなります。
その度に専用のクロスで汚れをふき取らなくてはならず、
とても苦悩というのがデメリットになるようです。
限り、メガネのデメリット首席3でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cps-amu.org/mt-tb.cgi/3

コメントする