メガネ女子が人気の理由

| コメント(0) | トラックバック(0)

眼鏡母親は、眼鏡を掛けておる夫人のことです。
これまで眼鏡を掛けて掛かる夫人というと、地味で大人しい、
良くないといった認識を持たれがちでしたが、
最近まずはこんな女性の方がフェチだという男の人が増えていたり、
オシャレな眼鏡も登場しているため、
服の一部として眼鏡を使う素晴らしい夫人としての
認識を持たれるようになっています。

視力が良いけれど、ごとの入っていない眼鏡や
レンズのない眼鏡のフレームだけを掛けている女性もあり、
こうした女性も眼鏡母親といった呼ばれていてている。

また、普段はレンズを装着しているけれど、
こうした女性が眼鏡を掛けてある姿に不同を感じてときめく男の人もいる。
ういういしい夫人などは、大きくて際立つフレームの眼鏡によって
おしゃれで素晴らしい模様をあげるような服をする人も多いです。

また、すっぴんだと可愛くないという女性がそれを包み隠すために眼鏡を掛けたり、
黒縁眼鏡などわざわざ地味な眼鏡をかけるため知的で落ち着いた模様を授ける、
といった工夫をしている場合でもあります。
眼鏡は視力立て直しにつきだけではなく、
おしゃれで自分自身を変えてもらえる品物のひとつだと言えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cps-amu.org/mt-tb.cgi/6

コメントする